スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オリックスバファローズと北海道日本ハムファイターズで大型トレード成立
先週23日水曜日、オリックスバファローズと北海道日本ハムファイターズの間に3対2の大型トレードが成立しました。

オリックスバファローズの木佐貫洋投手、大引啓次内野手、赤田将吾外野手が北海道日本ハムファイターズへ。
北海道日本ハムファイターズの糸井嘉男外野手、八木智哉投手がオリックスバファローズにそれぞれ移籍します。

オリックスファンの私としては、日本屈指の外野手である糸井選手の加入で外野の守備も打線も手厚くなることを喜ぶ半面、キャンプイン目前に3人の選手と突然の別れということで正直なところ戸惑いと名残惜しさを感じました。

特に木佐貫洋投手は、3年前の2010年に読売ジャイアンツから高木康成投手との交換トレードで加入してまだ日が浅かったのですが、その実直かつ優しい人柄と、ファンサービス選手で、同僚の選手からもファンからも慕われていた選手です。キャンプや遠征、京セラドームでのハイタッチイベントに駆け付けたファン1人1人に、自分のサイン入りのカードを配って丁寧に応対していた姿が忘れられません。京セラドームでのイベントの際にロッテユニを着た私にも、丁寧に握手してくださったのがつい昨日のようです。
また、木佐貫投手と言えば忘れてはならないのが鉄道趣味と街歩き。巨人在籍時代の2004年に九州新幹線の新八代~鹿児島中央間が暫定開業した時には、地元川内駅の1日駅長を務めたほどで、オリックス在籍期間にもラジオ番組などで鉄道談義に盛りあがっていたと聞きます。
もっともっと、キャンプ地や球場でお話ししたかった木佐貫投手が遠くの球団に行ってしまうのは淋しいですが、突然のトレードは球界の常で仕方のないこと。日本ハムに行ってからもずっとファンでいようと思います。

木佐貫投手だけではありません。木佐貫投手に少し遅れて、埼玉西武ライオンズから阿部真宏内野手とのトレードでオリックスにやってきた、赤田外野手の移籍もショックでした。通年でスタメンには定着できませんでしたが、木佐貫投手と同じ鹿児島県出身、同じ1980年生まれの松坂世代というわけで、鹿児島県人や松坂世代好きの人からの支持の熱かった赤田選手が移籍するのも淋しいものがあります。オリックス在籍期の赤田外野手は2軍でくすぶっていた時期が長かったとはいえ、2010年開幕直後の絶好調や、2011年7月のサヨナラ打は、今なお忘れられないものです。

そして何より惜しいのが、地元大阪出身の期待の星だった大引内野手。
大阪市住吉区、長居駅近くの古社・神須牟地神社の二男として生まれた大引内野手は、法政大時代に大学野球の首位打者を獲得した実績を引っ提げ2006年のドラフトで地元オリックスバファローズに入団しました。
背番号は、同年オフに読売ジャイアンツへFA移籍した谷佳知外野手のものを引き継いだ「10」。
以来6年、正遊撃手のポジションを勝ち取っただけでなく、打撃でも活躍し、昨年は自己最多の6本塁打を記録する好調ぶりでした。オフには結婚し、引退した鈴木郁洋捕手の代わりに選手会長に指名され、これからオリックスのチームリーダーとして飛躍することが期待されていた矢先の今回のトレード。
それだけにファンの間では今回移籍の決まった3人のうち、とりわけ彼を惜しむ声が大きいように思います。

正直なところ次期チームリーダー候補を失うというのはチームにとって大きな犠牲ですが、今回移籍する3人全員の日本ハムでの活躍を願うとともに、それを乗り越えて新戦力の糸井外野手、八木投手ともども新生オリックスバファローズのチーム作りを進めていくことができればと思います。森脇新監督、新任の北川コーチや鈴木コーチを含むコーチ陣、ドラフトやトレードで加入した新戦力、去年以前から活躍してきた選手たち一丸となって、2月1日からの宮古島キャンプで地固めを図って欲しいものです。
スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシアの鉄道乗車記録 (2012年12月版)
タイ国鉄
メークローン線ウォンウェンヤイ~コークワイ間

バンコクBTS
スクムウィット線モーチット~アソーク間
シーロム線全線

バンコクMRT
チャトゥチャックパーク~フアランポーン間

マレー鉄道
ウッドランド~ジョホール・バールセントラル間

シンガポールSMRT
南北線アンモキオ~マリーナベイ間
東西線タナメラ~アウトラムパーク間
東西線チャンギ空港支線全線
環状線ドビーゴート~ニコルハイウェイ間

シンガポールSBStransit
北東線ハーバーフロント~リトルインディア間

セントーサモノレール 全線

KRL JABODETABEK
中央線 全線
南線 全線

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

オリックスバファローズ日高剛捕手、阪神タイガースへ移籍
国内FA宣言をしていたオリックスバファローズの日高剛捕手ですが、このほど阪神タイガースに入団することが決定しました。

オリックスブルーウェーブと、合併後のオリックスバファローズで10年以上にわたり正捕手として活躍した日高捕手。だが、2010年に岡田彰布前監督が就任してからは起用機会が激減。たまの出場も代打やDHとしてのものが多く、本来の捕手の仕事はベテランの第2捕手、鈴木郁洋捕手や、平成元年生まれの次期正捕手候補、伊藤光捕手に譲っていました。

2012年は代打で出場した交流戦の広島戦でホームランを放ったり、最下位がほぼ確定した9月頃に一時正捕手として起用されるなど、ここ3年のなかでは一番の活躍を見せたかのように見えた日高捕手ですが、同じくベテランの鈴木捕手が引退を決め、合わせてドラフトで東海大学の伏見寅威捕手を獲得。伏見捕手と伊藤捕手でレギュラーを競わせるような状況なので、日高捕手は新天地に活躍を求めたようです。

矢野耀大捕手の引退後、捕手の起用に四苦八苦している阪神タイガースですが、日高捕手には、現在事実上の正捕手である藤井彰人捕手、去年藤井捕手の離脱時に起用された小宮山慎二捕手、今成亮太捕手、岡崎太一捕手、新加入の小豆畑眞也捕手らとの熾烈なレギュラー争いを勝ち抜いてもらいたいものです。

♪パワースイングに、気迫込めて、飛ば~せ、飛ば~せ、ど~こまでも。
長く親しんだこの応援歌が聴けなくなりそうなのは残念ですが、日高捕手の阪神タイガースでの活躍に期待しましょう。

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

祝、益田直也投手・野村祐輔投手新人王受賞
プロ野球の2012年シーズン新人王が今日発表されました。

パ・リーグは千葉ロッテマリーンズの益田直也投手。
新人投手としては最多記録の41ホールド、43ホールドポイント、72試合登板を達成、
千葉ロッテマリーンズの序盤の快進撃に貢献し、途中疲労による不調こそありましたが一度も抹消されることなく投げ抜きました。

セ・リーグは広島東洋カープの野村祐輔投手。
9勝11敗と、今年の新人先発投手では断トツの好成績でした。途中援護に恵まれない試合もありましたが、一度も離脱せずシーズン通して活躍したのは立派です。今年の広島には前田健太投手、大竹寛投手と和製先発3本柱が揃い、久々に夏場までAクラスを争いました。

ちなみに益田投手も野村投手も平成元年生まれ。平成生まれでは史上初めてのプロ野球新人王の栄誉に輝きました。
この学年には高卒組にも唐川侑己投手、由規投手、中田翔外野手、藤村大介内野手など優秀な選手が多く、私自身球団問わず皆応援しているわけですが、彼らとの切磋琢磨もあってか益田投手と野村投手がこのような素晴らしい賞を受賞したことにただただ嬉しい思いです。

来シーズンも平成元年会の選手たちが、今シーズン以上の素晴らしい活躍を見せてくれますように。

テーマ:千葉ロッテマリーンズ - ジャンル:スポーツ

阪神タイガース、西岡剛内野手を獲得
プロ野球千葉ロッテマリーンズの正遊撃手として、2005年と2010年の日本一に貢献した後、アメリカ大リーグのミネソタツインズに移籍。しかし僅か2年で自由契約となり日本球界に戻ることを決めた西岡剛内野手。

その西岡内野手は、古巣千葉ロッテマリーンズ、地元関西の阪神タイガース・オリックスバファローズと3つの球団からオファーを受けていましたが、最終的に子ども時代から憧れだった阪神タイガースを選択。
今日無事に入団会見が行われました。

背番号はロッテ時代と同じ「7」。2年契約で年俸総額4億円+出来高。

5カ月後に開幕する来シーズン。スピードスター西岡剛が憧れの甲子園で、選手の好不調には何かと敏感な関西の阪神ファンを前に見事な復活劇を果たすのが待ち遠しくて仕方ありません。

ただ、今回の西岡内野手の移籍で気になる点が2つあります。
昨シーズンその俊足と好打で頭角を現した二枚目の上本博紀内野手、俊足なうえに内野も外野も器用にこなす大和内野手といった若手生え抜き選手の出場機会が減ってしまうのではという懸念があります。大型補強もいいですが、せっかく久々に出てきた生え抜きの若虎のチャンスを奪うようなことがないようにして欲しいものです。
また、海外移籍を考えるも、阪神残留を選択した鳥谷敬内野手との正遊撃手争いも予想され、来季開幕時の阪神タイガースでは内野外野問わず例年になく厳しいポジション争いが繰り広げられそうです。

それから、背番号「7」を西岡内野手に譲り渡す俊介外野手。和田政権下でやや出番が減っているおり心配されているので、新背番号「40」を付けて心機一転奮起と行きたいところです。

テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

copyright © 2017 台湾迷日記(my diary since 2003) all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。